形成外科・皮膚科|疾患について

切り傷・擦り傷

切り傷・擦り傷は受傷した部位、状況によって治療方針は大きく異なります。屋外で砂だらけの傷がついてしまったのか?台所で包丁で切ってしまったのか?または、犬に咬まれてしまった傷なのか?後々傷跡になるかどうかは治癒(浸出液が出なくなる)するまでのスピードにかかっているといっても過言ではありません。スピードを遅くする大きな要因は傷が膿んでしまうかどうかが大きく影響します。

火傷

火傷には大きく分けて高温熱傷と低温熱傷があります。高温熱傷は熱湯がかかってしまったり、ストーブに触れてしまったりと誰もが一度は経験したことのあるもので、最初は赤いだけでも受傷してから1日経過してから水膨れができてくるものもあります。水膨れをなるべくそのままにして有効に利用するのが早く治すポイントとなりますが、やりやすい処置の方法をお伝えできればと思います。低温熱傷というものは低温(40°~60°)で長い時間触れていたときに受傷してしまいます。節電の考え方が広まってからは湯たんぽによる低温熱傷が増えました。意外かもしれませんが、高温熱傷よりも重症化しやすいことがあります。

粉瘤(アテローム)

皮膚にできる出来物としては非常に多いもので、皮膚の表面直下に硬いしこりとして触れます。真ん中に黒い凹みが見えることも多いのが特徴です。本来は毛穴から排出されるはずの老廃物(垢と皮脂)が内部に溜まりこんでしまった状態のものです。痛くもかゆくもないのですが、ゆっくりと年月をかけて大きくなってきます。圧迫すると、おからのような内容物が出てくることもあり、時には赤くはれて膿みを持つこともあります。赤く腫れてしまうと中の膿を一旦出さなければならなくなります。赤くなる前に受診して袋ごと切除してしまうのがスムーズな治療です。

脂肪腫

皮膚の下に弾力のあるコブとして触れるもので、基本的には自然に小さくなることはありません。最近の研究で本当は生下時よりあるものが何十年もかけてゆっくり大きくなってきて気がつくものであるといわれております。当院では皮膚エコーを積極的に施行して、腫瘤の性状、周囲の組織との関係を確認してから手術を計画します。小さいうちに切除することが出来れば外来での手術で問題ありませんが、あまりに大きくなってきてしまうと入院が必要になることもあります。

ガングリオン

手首の周囲や指の回りなど、関節や腱組織がある部分によくできます。悪いものではありませんが、たまたま神経のそばにできて大きくなったりすると神経を圧迫してしまいます。治療方法としては、なるべく痛くないように針を刺して内容物を抜きます。そのまま再発しないようであれば一番なのですが、再発してくることのほうが多いです。人によって再発する頻度がまちまちであり、数か月に一度くらいであれば定期的に受診して付き合ってゆくというのも一つの考え方ですが、摘出を選択する患者様も多いです。

ほくろ

ほくろの治療は当院においては手術にて切除を行っています。もちろんレーザー治療のほうが好ましいようであれば関連医療機関に紹介させていただいております。場所にもよりますが、皮膚のテンションがよる方向を見極めて切除を行えばほとんど目立たずに加療を行えます。

 足の裏のほくろは悪いものである可能性があるとよく言われますが、一概には何とも言えません。外見上でほとんどの判断はできますが、確定診断をするのであれば病理検査が必要となってきます。足底の麻酔はほかの部分に比べると痛みを伴うことが多いですが、昨今は痛みの少ない麻酔もあります。

巻き爪・陥入爪

巻き爪とは爪が巻いてしまっていることです。陥入爪とは爪が周囲の皮膚に食い込んで痛みが出ていることです。色々な情報誌を見ても、陥入爪という言葉よりも巻き爪という言葉に一色単にまとめられてしまっていますが、厳密にはこのような違いがあります。どういうことかというと、巻き爪でも皮膚とトラブルがなく痛くない人が沢山います。また、逆に爪は巻いていないのにすぐに脇に食い込んで痛くなってしまう人もいます。もちろん巻いていて食い込む人も多いです。爪のトラブルは色々な原因と色々な形があり、ベストな治療方法は各々異なります。

水虫

水虫の人口は爪水虫も合わせると2500万人いると言われております。つまり5人に1人が水虫といわれております。原因として糖尿病の激増が大きな要因として挙げられると思われます。水虫を放置し続けると爪にまで侵出して爪水虫に陥ってしまい、尚更治りにくくなってしまいます。そのようになる前に治療するのが得策といえます。

水虫を放置し続けると足の皮膚のバリア機能が低下して、微小な傷が出来て雑菌が入りやすい状態が続きます。足というのは誰もが清潔にしにくい場所ですので、菌が入り込んで条件を満たすと蜂窩織炎という状態になり、酷い時には歩行困難になったり入院を余儀なくされてしまうこともあります。

水虫に見た目が似た疾患もありますので、自己判断で市販薬を使用する前に受診することをお勧めします。

​ばね指

40歳代以降の女性に非常によく見る疾患で、昔は働き者の証拠であると言われたそうです。手指の腱鞘炎の一種で、一本の指がこの疾患になるとほかの指にも症状が現れてくることが多いです。朝起きて指が伸びにくい、引っかかる感じがする、曲がったまま伸びなくなって何かの拍子に「コキッ」と直るなどが特徴的で、朝の仕事を一通り終えたころには症状が無くなる方も多いです。治療方法としては、注射の治療と手術の治療方法の二通りが一般的です。どちらもメリットデメリットがあり、ご本人の生活と病状の程度に合わせて治療方法を提案してゆきます。

爪水虫

単独で爪水虫になることはほとんどないと思われます。足の水虫を長期間放置していると爪水虫になってきます。足より治療に時間がかかってしまうのが現状です。二年ほど前までは爪の水虫は飲み薬で治療するしかないと言われておりました。しかし、肝臓の機能が悪い方や、他の内服薬との飲み合わせで飲み薬が飲めない方もいらっしゃいます。最近になって爪水虫専用の塗り薬が発売となり多くの方に処方しております。厚い爪のまま塗っても奥の水虫菌に届きにくいことがありますので、爪が厚く変形している方はフットケア(自費)をして爪を薄くしてから塗布するのが効果的です。

045-532-6278
受付時間:9:00~12:30   14:30~17:30

爪と皮膚の診療所 形成外科・皮膚科

〒227-0062

横浜市青葉区青葉台2-11-14 SGビル2階

TEL:045-532-6278  FAX:045-532-6279

 

■爪と皮膚の診療所について
■診療案内
​■巻き爪外来
■インソール外来
​■日帰り手術
■男性型脱毛症外来(AGA)
疾患について
■爪きり往診
■料金表
■スタッフ紹介
■アクセス
■個人情報保護方針
■「個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書」の発行について​

※午後の診療受付は17時30となります。

※木曜日午後は往診の場合がございます。

Copyright © 2016 tumehifu Hospital. All rights reserved.