診療案内

一般形成外科疾患

外傷・・・・・切り傷、擦り傷、咬み傷

熱傷・・・・・高温熱傷、低温熱傷、凍瘡(しもやけ)

手の異常・・・指の怪我、ばね指、爪の異常、ガングリオン

皮膚腫瘍・・・ホクロ、脂肪腫、粉瘤ほか

傷あと・・・・肥厚性瘢痕、ケロイド

難治性潰瘍・・下腿潰瘍、皮膚潰瘍

爪疾患・・・・巻き爪、陥入爪

 

 

一般皮膚科疾患

アトピー性皮膚炎、手荒れ、にきび、蕁麻疹、乾燥性湿疹、水いぼ、ウイルス性イボ、胼胝、ウオノメ、水虫、爪水虫、帯状疱疹、単純ヘルペス、老人性イボ

巻き爪
巻き爪に対して矯正具によって爪を真っ直ぐに矯正し、トラブルが起きにくいようにしてゆきます。矯正具はVHOワイヤーと呼ばれるものとペディグラスと呼ばれるものがあり、どちらもメリット・デメリットがあります。診察させて頂いてそれぞれニーズに合ったものを使用してゆきます。
タコ・ウオノメ

力がかかり過ぎる部分に皮膚の角質が「楯」を作ろうと過剰に増殖してしまったものです。

 

足の裏の角質は当院において定期的にメンテナンスを行うことによって、痛みから解放された健康的な歩行をお手伝いいたします。

ネイルリストア

爪が綺麗に生えてくるには二つの条件が必要になります。一つ目は爪を作る工場(爪母と呼ばれます)がしっかりしていること、二つ目は出来上がった爪細胞を並べる皮膚の土台(爪床と呼ばれます)がしっかりしていることです。

 

爪母部分が生きていれば変形した爪も時間をかけて綺麗に再生してくることが期待できます。当院にてメンテナンスと新生爪が健康に生えるように工夫してゆきます。

爪切り

病棟や老人施設等のスタッフの間でも変形した爪の切り方が分からない、恐くて切れないという意見をよく聞きます。病院に連れていっても医師からは「爪は自分で切って下さい」と言われてしまうこともしばしばです。

放置しておけば圧迫されて痛むだけではなく、布団に引っかかって爪が剥がれてしまうこともあります。

インソールのご相談

フィートインデザイン社インソールを採用しております。

日帰り手術

陥入爪手術、粉瘤(アテローム)、脂肪腫、ガングリオン等

​可能な限り日常生活に支障が出ないよう患者様に合わせた手術を提案しております。

045-532-6278
受付時間:9:00~12:30   14:30~17:30

爪と皮膚の診療所 形成外科・皮膚科

〒227-0062

横浜市青葉区青葉台2-11-14 SGビル2階

TEL:045-532-6278  FAX:045-532-6279

 

■爪と皮膚の診療所について
■診療案内
​■巻き爪外来
■インソール外来
​■日帰り手術
■男性型脱毛症外来(AGA)
疾患について
■爪きり往診
■料金表
■スタッフ紹介
■アクセス
■個人情報保護方針
■「個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書」の発行について​

※午後の診療受付は17時30となります。

※木曜日午後は往診の場合がございます。

Copyright © 2016 tumehifu Hospital. All rights reserved.